潜水艦のこと

潜水艦の匂い|それは非日常の日常。想像力の射程を広げる試み、なんつって

こんにちは。 雨が降り始めたときのあの匂いにどこか懐かしさを覚えるモトコです。 乾いたアスファルトが湿り出す匂いというか埃っぽい匂いというか あの特有の匂いには名前があるそうです。ペトリコールギリシア語で「石のエッセンス...
2022.05.02
映画のこと

Uボート:235 潜水艦強奪作戦|私は書く。この駄作に費やした時間を供養するために(怒)

こんにちは。 起承転結もPREP法も関係ねぇ!怒りに任せて29記事目を書こうとしているモトコです。親愛なる皆さま、お久しぶりです。 いかがお過ごしかなあああああ゛ おっと、失礼...取り乱しました。 怒りというのは...
潜水艦のこと

潜水艦の居住区|広さは寝袋1個分&ネット不可。持つべきものは着替えと本と無の時間

こんにちは。 倉庫のような自分の部屋からお送りしているモトコです。 ベッドが面積の大半を占め、書棚、デスク、季節家電や予備の寝具、子どもの日の兜一式、家族のスーツケース、なくても困らないけど今すぐ捨てなくてもいい......
潜水艦のこと

潜水艦の動力|原子力かそれ以外か。大事なのは優劣じゃなくそれぞれの強み。

こんにちは。 スキューバダイビングするガチャピンにインスパイアされたモトコです。 着ぐるみは水に浸かれない、という常識を覆すあの特殊素材、、、あー、いえ、あの運動能力とチャレンジ精神こそ彼の最大の強みでしょう。 ところで...
2022.02.20
潜水艦のこと

生活ゴミの観察記事を潜水艦ブログとして違和感なくなじませる試み

こんにちは。 フロ掃除からゴミ回収まで大変スタイリッシュな仕事をしているモトコです。 今日あなたは、何をどこへどう捨てましたか? ゴミの捨て方は始末のつけ方。その人の生きる態度だと考えるのは過剰かしら。 そして、そ...
2022.02.20
映画のこと

ウルフズコール|フランス発で初!ソナー分析官が主役の潜水艦映画。モトコのフランス珍道中を添えて

こんにちは。 人生初の海外旅行はフランスだったモトコです。それも浪人中。絵画教室の先生と、そこの友達と私の3人で。(私のおふざけの原点か)覚えたてのフランス語とともに靴屋に入ったら、店のマダムは親切にも、すべて英語で返してくれました...
2022.02.20
潜水艦のこと

艦艇の命名基準は機能的で情緒的。ところで名前をつけるってなんなんだろ。

こんにちは。 自分の部屋の本棚に聖書が3冊あるモトコです。 ○日本語版(新約&旧約)○日英バイリンガル版(新約のみ)○コテコテ大阪弁版(新約のみ) クリスチャンではありません。 右端が世にもレアな大阪弁の聖書。終始...
2022.02.20
潜水艦のこと

潜望鏡|特権から共有へ。艦長の特権的ツールをネタにフクザツな心境をつづる

こんにちは。 潜水艦の最も象徴的なパーツは潜望鏡だと思うモトコです。丸い窓ではありません。 レストランで、曲がるストローを何度も覗く女の子がいました。 その子はきっと、曲がった先の世界が見たかったのかもしれない。 ...
2022.02.20
映画のこと

レッドオクトーバーを追え【後編】人は皆キュートか否かで決まるのだ

こんにちは。 「型破りという型」に、はまらない艦長を探したいモトコです。型から自由になるのは難しい。存在を保証するのは、型だったりして。 片付けものをしていると思う。分類不能のものは、常に行き場がない。 そういう定位置の...
2022.02.20
映画のこと

レッドオクトーバーを追え【前編】企てを共有する二人の、アイコンタクトは蜜の味

こんにちは。 政府:ガバメントの綴りは、government ということでnが入るということを、この映画を見て知ったモトコです。 受験時代も見事にスルー。 さて今回取り上げるのは1990年公開「レッドオクトーバー...
2022.02.20
タイトルとURLをコピーしました